行政書士・ひらやぶ事務所よくあるご質問



行政書士、ひらやぶ事務所(山口県宇部市)

トップページ

行政書士とは

事務所概要

よくあるご質問

報酬・料金

お問い合わせ

《お知らせ》
ひらやぶ事務所ホームーページをご覧頂きありがとうございます。
せっかくお越し頂きましたが、現在業務多忙につき
新規相談と新規業務の受付けをお断りしています。
ご迷惑をおかけしますが、何卒ご高配賜りますようお願い申し上げます。
 ひらやぶ事務所、平薮

  ★ よくあるご質問



 Q1.行政書士と司法書士とは、どう違うのですか?

A1.どちらも国家資格ですが、仕事の内容が異なります。
行政書士は、「官公署に提出する書類」「権利義務に関する書類」「事実証明に関する書類」を作成したり、その代理、相談業務を行っています。

一方、司法書士は、不動産や建物に関する登記、会社・法人の登記の手続きの代理をします。
また法務局、裁判所、検察庁などに提出する書類を作成します。
さらに「任意整理」「民事再生」「破産」「特定調停」など債務整理の手続きを支援しています。

司法書士は、行政書士と同様に、多岐にわたる仕事をしています。

Q2.相談したいことがあるのですが、有料ですか?

A2.当事務所では、ご相談は無料にて対応致しております。

お電話、FAX、メールでのご相談を承っております。

お問い合わせフォームからは24時間365日御相談を受け付けています。

Q3.相談をしたら、必ず業務を依頼しなければならないのですか?

A3.そんなことはございません。

「相談してみたけれど、行政書士ではできない業務だった。」
「相談してみたけれど、自分で手続きをすることにした。」
「相談してみたけれど、今のままで、もう少し様子をみることにした。」

など、相談してみないと分からないことがあります。

当事務所では、無理に業務の依頼を迫るような勧誘は致しませんので、どうぞご安心下さい。

Q4.忙しいので、仕事場まで来てくれませんか?

A4.はい、大丈夫です。 喜んで伺います。

お忙しいお客様の貴重なお時間を大切に使っていただくために、当事務所では基本的にお客様の仕事場やお店、ご自宅、お客様の指定される喫茶店などへ伺うことを基本としております。

以下の対象地域であれば、交通費無料で伺います。

対象地域 宇部市、山陽小野田市、山口市、防府市、美祢市

業務を依頼された後であれば、相談料もいただきません。

一方、業務を依頼される前のご相談につきましては、3回目から相談料が発生いたしますので、ご注意下さい。

Q5.土日・祝日や夜間でも来てくれるの?

A5.はい。

スケジュールの都合上、急なご要望にはお応えできないこともありますが、あらかじめご予約いただければ大丈夫です

Q6.問合せをしてから、業務が終了するまで、どのような流れですか?

A6.以下のような流れになっています。
  お客様にしていただくことは、(1)(3)(6)の3つです。

(1)お客様からのお問合せ・ご相談
 お電話やメール、または直接お会いして、まずは、じっくりとお客様のお話しを聴かせていただきます。
 お客様が今、困っていることや、心配なことを解決する方法を一緒に考えましよう。
 ↓
(2)お見積りの作成
 お客様が、当事務所へ業務を依頼するかどうかご判断いただくために、どのくらいの費用がかかるのかについて見積書を作成して、お渡しします。
 それと同時に、その業務をするのにどのくらいの期間がかかるのかについて、おおよその期間をご説明致します。
 ↓
(3)正式なご依頼
 お客様にて見積書を確認いただき、よろしいようでしたら正式にご依頼ください。
 ↓
(4)業務の開始
 お客様からの正式なご依頼がありましたら、業務のための調査や、書類作成を開始致します。
 ↓
(5)業務の完了
 業務が完了しましたら、お客様へ報告致します。

   作成した書類をお客様に確認していただいたり、役所へ書類を提出することで業務が完了いしたします。
 ↓
(6)お支払
 業務が完了しましたら、お客様に業務の料金をお支払いただきます。

以上が、一般的な業務の流れとなっています。
案件によっては、若干異なることがあります。その場合は事前に、どのような流れになるのか説明させていただきます。

トップページ| 行政書士とは| 事務所概要| よくあるご質問| 報酬・料金| お問い合わせ


Copyright © 2013 行政書士 ひらやぶ事務所 All rights reserved.

by HPube